過去のフライトでもマイルは貯まる。マイル事後登録の方法

みなさん、飛行機のチケットをオンライン予約したときにマイレージプログラムの情報を入れ忘れたり、入れたのにマイルが反映されてなかった、ということがありませんか?自分は何度かありました。そんな過去のフライトでも、後日ネットでマイルを事後加算することができるので忘れずにマイルを貯めるようにしましょう。

自分が入っているマイレージプログラムは米系航空(アメリカン、ユナイテッド、デルタ)のもので、今回はユナイテッドでマイルの事後登録をしてみたので以下にまとめてみました。基本的にはどの航空会社でも申請方法は同じですが、申請できる期間が異なります。

  • ANAとJALは搭乗後6ヶ月以内
  • ユナイテッドとアメリカン航空は搭乗後12ヶ月以内
  • デルタは搭乗後9ヶ月以内

となっています。各航空会社のマイルの事後登録はこちらから。

ユナイテッドでマイルを事後登録してみた

自分が今回利用した航空会社はユナイテッドではなく台湾のエバー航空。ユナイテッドと同じスターアライアンスに加盟しているのでユナイテッドのマイルが加算率100%で貯まります。

ユナイテッドの場合は搭乗日から14日待たないと申請できないのでしばらく待ってから申請。まずは上のリンクからユナイテッドのマイル事後登録ページへ。登録ページで数字13桁のチケットナンバーを入力します。ユナイテッドの場合はチケット上にチケットナンバーが記載されています。

しかし、なぜかエバー航空のチケットにはチケットナンバーが記載されてなかったので、探してみると予約サイト(justfly.com)の確認メールの中に発見。次に以下のように必要情報(航空会社、便番号、搭乗日、出発空港、到着空港、予約クラス、座席)を入力していきます。もし往復予約や乗り継ぎでさらに申請するフライトがある場合は、ここで追加。同時に予約したフライトのチケットナンバーは同じなのでまとめて申請した方が楽です。

記入が終わったら申請(Request credit)ボタンを押してユナイテッドからの連絡を待つだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。