アメリカでは州によって食料品に税金がかからない?

アメリカの多くの州では、生活必需品である食料品が非課税です。これは特に低所得者に配慮した政策で、多くの州で採用されています。以下が食料品にかかる税金の州別マップ。


多くの州で食料品に税金がかからない(赤色)、またはそもそも消費税がない(灰色)ことが分かります。

食料品にかかる税金がタダではないが消費税より安い州(オレンジ色)はアーカンソー、イリノイ、ミズーリ、テネシー、ユタ、バーモント州となっています。そして食料品に通常の消費税がかかる州(黄色)はアラバマ、ハワイ、アイダホ、カンザス、ミシシッピ、オクラホマ、サウスダコタ州。ハワイは離島で物価がそもそも高いのに加えて、食料品にも消費税がかかるのは興味深いです。

また、いくつかの州ではSoda(炭酸飲料)やCandy(チョコレートやその他お菓子を含む)は食料品の部類から除外されています。これは栄養価を見て本当に必要な食料品のみ非課税にしたいという意図があるようです。

引用:Tax foundation; Tax Treatment of Groceries, Candy, and Soda Can Get Tricky

Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments