H-1Bビザで働いていたアメリカの会社を解雇(レイオフ)された話

自分はアメリカの大学院を卒業して、3年ほどアメリカの会社でエンジニアとして働いていましたが、リストラにあってしまいました。といっても自分だけ解雇されたわけではなく、部署ごとなくなりました。理由は業績の悪化。自分の働いてるテック業界ではよくあることです。次の会社はなんとか運良く見つかり、H-1Bビザも失効することなく働けています。

前兆、レイオフされる日

数年前から会社の業績は悪く、一年前にも大規模なレイオフがありました。そのときは隣の部署がまるごとなくなり、アメリカってこわいなと思いましたが、まさか自分がそんな目にあうとは思っていませんでした。会社でちらほら次のレイオフはいつぐらいらしいという噂を聞いたり、経営陣の何人かが急に辞めたりといった不穏な動きがでてきたころその日はやってきました。

当日、会社に行くとみんながざわついており、上司から今レイオフが発表されていて上司も対象になってしまった、と告げられました。びっくりしていたのもつかの間、上司ではない別のマネージャーから呼び出され、自分がレイオフの対象になったこと、退職日は今日から30日後と告げられ、書類をもらいました。

数百人規模のレイオフで、結局同じ部署の人はほぼ全員(自分の上司も、その上の部長まで)対象となっていました。自分だけ解雇というわけではないのが不幸中の幸い。

解雇手当

もとの会社から解雇手当(Severance Package)を受け取りました。勤続年数と年収によって手当の額は異なります。自分の場合は勤続年数が約3年だったので、退職日から2ヶ月間給与が支払われました。医療保険は有効期間が退職日から4ヶ月後まで延長。

手当とは別にRetraining Assistance Programというのもあり、転職のためのスキルアップにかかる費用を2500ドルまで負担してくれるというサービスです。資格取得、受験、オンラインコースなどに使えます。自分もこの機会にオンラインコースを受講することにしました。

レイオフ(lay off)とファイア(fire)の違い

両方とも解雇、リストラ、クビといった意味ですが、以下のような違いがあります。

  • レイオフとは会社都合(業績悪化など)で労働者を解雇すること
  • ファイアとは労働者側に問題(パフォーマンスが悪い、会社のルールを守らないなど)があって、会社がその人を解雇すること

ちなみにファイアは「You’re fired!」(お前はクビだ!)のように使います。アメリカは競争社会で仕事ができないとすぐクビにされるイメージがあるようですが、fireされることは滅多にありません。以前自分の会社である従業員が別の従業員のモニターを意図的に壊してクビになったという話は聞きましたが、それ以外には聞いたことがありません。しかしレイオフはよくあります。


レイオフ後、H-1Bビザはどうなる?

自分はH-1Bビザで働いているので、雇用先がなくなればアメリカから退去しないといけません。しかし、2017年1月17日からUSCISの法律が変わり60日の猶予期間が設けられました。

簡単に説明すると、H-1Bビザ保有者は、もとの会社の最終勤務日から数えて60日以内に次の会社で働き始めればアメリカから離れなくてもいいというルールです。

転職先が決まったら、次の会社で働き始めるために、新たにH-1Bに申請する(H-1B Transferとも言います)必要があります。H-1BのPetitionがApproveされる必要はなく、USCISのReceipt Noticeを受け取ればその日から働き出せます。H-1Bに申請してからReceiptがくるまでは約2週間、承認されるまでは2、3ヶ月かかります。$1,225払ってPremium Processingにすれば、数日でReceiptがきて15営業日以内に承認されます。

自分の場合、転職先がぎりぎりで決まったこともあり、次の会社がPremium Processingにしてくれて問題なく働き始めることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。