英語勉強にオススメなAmazon Kindleの洋書、難易度別まとめ

Amazon Kindle(キンドル)の英語の洋書は和書よりも圧倒的に多く430万冊もあります。さらに辞書やWord Wise(下で説明)機能などがあり、英語の学習に最適です。今回はKindleで自分が読んでみたオススメの洋書を、簡単なものから難しいものまでご紹介。

Kindleでオススメの洋書

The Wonderful Wizard of Oz

難易度:★☆☆☆☆

言わずと知れた「オズの魔法使い」。子供向けの童話なので読みやすいです。kindle unlimitedプランに入っていなくても誰でも無料で読むことができます。

Alice’s Adventures in Wonderland

難易度:★☆☆☆☆

こちらもご存知「不思議の国のアリス」。易しい内容と文量少なめで初めて洋書を読む人にはオススメ。

Funny English 1: Funny Mistakes Japanese Make in English

難易度:★★☆☆☆

日本人がよく間違える英語を英会話講師がまとめた本。非常にためになります。例えば、「Did you see the thunder last night?」という文章は間違い。thunderは音なので見ることはできません。正しくはlightning。

THERE’S A BOY IN THE GIRLS’ BATHROOM

難易度:★★☆☆☆

心を閉ざした小学生ブラッドリーとカウンセラー、カーラの話。138ページと短めで、英語も簡単なので洋書初心者に最適です。アメリカの著名な児童文学作家、Louis Sachar(ルイス・サッカー)著で内容も非常に面白くまとめられています。他にもサッカーの「Holes(穴)」は有名どころ。

Data Analytics: Master The Techniques For Data Science, Big Data And Data Analytics

難易度:★★★☆☆

データサイエンスの導入本。49ページと短めなので読みやすく、興味がある人にはオススメ。

What If?: Serious Scientific Answers to Absurd Hypothetical Questions

難易度:★★★☆☆

「地球上のみんながいっせいにジャンプしたらどうなる?」のようなしょうもない質問に元NASA研究員の著者が科学的に答えていく本。理系でなくても楽しめるし、理系ならさらに楽しめると思います。図もあるので比較的読みやすい。

Harry Potter and the Philosopher’s Stone

難易度:★★★★☆

ファンの多いハリーポッターシリーズの第1作、「ハリーポッターと賢者の石」。自分もハリーポッター(のオーディオブック)で英語を勉強しました。324ページと長めで魔法用語もあったりするので読むのはちょっと大変かもしれません。映画を一通り見ていればかなり読みやすくなります。ちなみにシリーズ全7冊ともにkindle unlimitedで読むことができます。

The 7 Habits of Highly Effective People

難易度:★★★★☆

日本では漫画版も出ているベストセラー自己啓発本「7つの習慣」の英語版。啓発本にしては分かりにくく、439ページと長めなので難易度は高め。

The Hunger Games

難易度:★★★★★

簡単に言えばバトルロワイアルのアメリカ版。映画にもなってます。ふつうの英語小説なので日本人にはなじみのない言い回しや例えが出てきて読むのは大変。ハリーポッターと同じく先に映画を見てから読めば読みやすいです。

Kindle洋書の売れ筋ランキング

上で挙げた以外にも、Kindle洋書の売れ筋ランキングからおすすめ本を探すのもあり。有料版ランキングと無料版ランキングがあり、有料版でもkindle unlimitedと記載があれば読み放題プランに含まれます。kindle unlimitedについては下に詳しく書いています。

Kindleで使える4つの機能

辞書

単語を長押しすると辞書がポップアップして、分からない単語はすぐに調べられます。

Word Wise

難しい単語にあらかじめ簡単な英語で説明をつけてくれるのがこのWord Wise機能。上に紹介した洋書はすべてWord Wise機能に対応しています。

説明を表示するレベルを調節することもできます。

Word Wiseに対応した洋書は2017年10月現在、300万冊もあり、そのうちKindle Unlimitedに含まれているものも約100万冊あります:アマゾンでの検索結果はこちら

Word Runner

文字を一定の速度で表示してくれる機能。英語の速読や集中して読みたいときに効果を発揮します。速度調節も可能。

Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能)

その名のとおりテキストを読んでくれる機能です。これでKindle本がオーディオブックに早変わり。残念ながらこの機能はKindle端末に限られていて、iPhoneやアンドロイドのKindleアプリで読んでいる人は使えません。

Kindle Unlimitedの無料お試しは使うべき

Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)とは、アマゾンの電子書籍読み放題サービスのこと。月額980円で、最初の1ヶ月は無料でお試しできます。上でオススメした洋書はすべてkindle unlimitedに含まれています。1ヶ月に3冊以上読む人なら月額980円の元が取れる計算。アマゾンで売られている電子書籍すべてが読み放題ではありませんのでご注意を。

無料期間が終わると自動更新されるので、月額料金を払いたくない人はその前に解約する必要があります。解約方法は簡単で、Amazonホームページ上部にある「アカウントサービス」から「お客様のKindle Unlimited」をクリック。

「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」をクリックすれば完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。