アメリカ旅行で使える3つのおすすめプリペイドSIMカード

みなさん、アメリカに旅行に来るときや短期滞在するとき、インターネットはどうしてますか? 携帯やルーターのレンタル? 海外旅行用のデータプラン? 無料WiFiで済ます?

私ならデータ通信がたくさん使えて安いプリペイドSIMをおすすめします。日本でSIMフリーのスマホを持っている方は、ほとんどの場合(スマホ端末によりますが)アメリカのSIMカードがそのまま使えます。アメリカの無料WiFiはレストラン、カフェ、ホテルなど多くの場所で使えますが、実際やってみるとかなり面倒です。逆にいつでもインターネットが使えると街歩きやレストランを探すのに重宝します。

自分の家族や友人が来たときに実際に使用したSIMカードのうち、私がオススメするのはZIP SIM、T-Mobile、FreedomPopの3つです。どれもルーターのレンタルや海外旅行向けのプランと比べると格安。

アメリカのプリペイドSIMカードの比較

ZIP SIM (Ready SIM)

値段:約3,000円
通話・SMS:無制限
データ:1GB
期間:2週間
信用度:★★★★☆

ZIP SIMのいいところは日本のアマゾンで購入できること。日本で購入しておけばアメリカに到着してから即使用することができ、旅行での貴重な時間を無駄にしません。アマゾンでのレビューも高め。2,000円で7日間500MBのプランもあります。

T-Mobile

値段:$30
通話・SMS:無制限(通話は1000分まで)
データ:無制限(最初の2GBは4G LTEスピード、その後は低速)
期間:3週間
信用度:★★★★★

ZIP SIMと違い、日本では購入できません。オンライン注文は可能ですがアメリカの住所が必要なので、現地のストアに直接行って購入するのが得策です。現地ストアで購入するメリットは2つ。

  1. 店員さんがSIMの設定をしてくれる
  2. 万が一、スマホとSIMカードのネットワークの相性が悪くて使用できなかった場合でもレシートがあれば返品出来る

T-Mobileの信用度が高いのは、3つのオススメの中で唯一MVNO業者ではなくキャリアが販売するSIMカードだからです。日本で言えばMVNO業者は楽天モバイル、IIJmio、DMM Mobileなどで、キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の通信網を借りてサービスを提供しています。一般的に、MVNOは安いぶんキャリアと比べて回線が遅かったり不安定だったりします。

正式名称は「T-Mobile® Tourist SIM Activation Kit」。詳細はT-Mobileのページ(英語)にて。

FreedomPop

値段:$0.99
通話・SMS:無制限
データ:2GB
期間:1ヶ月
信用度:★★★☆☆

FreedomPopは旅行者向けではありませんが、是非オススメしたいシムカード。特徴はなんといっても破格の0.99ドル!購入はオンライン注文のみ&アメリカの住所が必要なので、現地に知り合いがいる場合やホテルに届けられる場合に限られます。最初の1ヶ月はお試しで通話・SMS・2GBのデータ通信が無料になっていて、1ヶ月以内にキャンセルすれば0.99ドルしかかかりません。

FreedomPopの注文手順を詳しくみる

こちらがトップページ。いかにも怪しげ。笑

 

ZIP Code(郵便番号)とメールアドレスを入力して「GET A SIM CARD」のボタンを押すと、(住所入力を経て)クレジットカード情報を入力する画面に。

ここでひるまずに情報を入力。配達料金を無料にするためにはスーパーセイバー(配達日数10-14日)を選択する必要があります。自分の場合、14日もかからず7日くらいで到着しました。

注文後はマイページにログイン出来るようになり、発送日や追跡番号がチェックできます。こちらがログイン後のページ。あと17日で最初の1ヶ月の無料お試しが終了しますと書かれています。なぜかデータは2.5GBもありました。

 

使い終わったらプランをキャンセルするのをお忘れなく!追加料金を取られてしまいます。キャンセルの仕方は、マイアカウント→アカウントセッティングに進み、ページ下部の「Cancel Account」をクリック。

 

データ通信の容量は何MB必要?

一週間の旅行なら1GB(=1000MB)あれば旅行用として使うぶんには十分。以下を心がければかなりのデータ通信量を節約できます。

  • YoutubeやFacebookなど動画は極力見ない
  • Google Mapをオフラインでダウンロードしておく
  • 使わないときは機内モードにする

注意事項

最後に、アメリカ滞在中にSIMカードを使って快適なインターネットライフを送るには以下の2つの条件を満たしている必要があります。

  • スマホがSIMフリーであること
  • スマホがアメリカのSIMカード(ネットワーク)に対応していること

日本で使っているスマホをSIMフリーにするには?

日本で発売されているほとんどの端末には購入時にSIMロックがかかっています(=SIMフリーでない)。例えばドコモで購入した場合、ドコモのシムカードと回線しか使えません。日本や海外で格安SIMを使いたい場合にはこのSIMロックを解除してSIMフリーにする必要があります。

幸い、ドコモ、au、ソフトバンクのどのキャリアでも2015年5月以降に発売された端末なら約6ヶ月利用後にSIMロックを解除してSIMフリースマホにすることができます。さらにどのキャリアもオンラインで手続きすれば無料でSIMロックを解除することが出来ます。手数料やその他条件などはBACKFLOWさんのブログでかなり詳しくまとめられています。

ちなみにアメリカではSIMフリーのことをUnlocked(アンロックト)と言います。SIMフリーと言っても通じないのでご注意ください。

自分のスマホでアメリカのSIMカードが使える?

「Will My Phone Work?」というサイトでお手持ちのSIMフリースマホが海外で使えるかどうかチェックできます。

下は日本で発売されているiPhone 6(モデル番号A1586は背面に刻印)がアメリカのZIP SIMのネットワークに対応しているか調べた結果。ちゃんと4Gまで対応しています。ちなみにiPhoneは世界各国どのネットワークでも使い勝手が良く、ZIP SIM、T-Mobile、FreedomPopのどれでも対応しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。