アメリカで金魚の飼育

アメリカにいて何かペットを飼いたい、でも犬や猫は世話が大変、、、という人には是非金魚がオススメです。実は自分は金魚飼育歴10年以上のベテランで、日本で飼っていた金魚は8年生き、アメリカで飼っている金魚も最長4年生きてます。「アメリカで」と謳ってますが、日本で飼う場合と何も違いありません。




金魚を買う

近くのペットショップに行けばだいたいいます。名前はgoldfish、そのまんまですね。値段は一匹30セントくらいで激安。特に記載のない場合、金魚の種類はたぶん雑種(あるいはコメット)でしょう。見た目は金魚すくいでよくいるこんなやつです。

goldfish

飼い始めて1、2週間が一番死にやすい時期です。飼い主に非がなくても、病弱な個体は残念ながらこの時期に死んでしまいます、、、

 

金魚飼育のすべてと言っても過言ではないのが「水」です。金魚が死ぬ理由のほとんどは水質が原因です。

水は水道水を蓋の開いたボトルに入れて24時間以上放置したものを使用しています。水道水には金魚に有害な物質(Chlorine:塩素など)が含まれているのでそれを放出させる必要があります。心配な人はWater Conditionerを使って有害物質を除去するのもいいでしょう。

水換えは1、2週間に1回します。すべて換えるのではなく、全体の数割だけ水換えする方が金魚への刺激が少なくて良いようですが、自分は底に溜まってるフンやよごれが気になるので全換えしています。また、金魚の体調が悪そうなときも水換えします。金魚が不自然な動きをしているときや体に傷がついているときが不調のサインです。

水換えの頻度はどれくらいの速度で水が汚れていくかによるので、金魚の数と水槽の大きさによっても左右されます。僕は30x20x15cm(小さめ)の水槽に金魚を2匹飼ってます。水槽が小さかったり、金魚の数が多かったりすれば水換えの頻度を増やした方がいいでしょう。

 

エサ

金魚は常にエサを欲しがってますが、実は1週間くらいエサ抜きでも全然生きられます。自分はエサは1日1回あげています。毎朝決まった時間にエサをやるので、うちの金魚は朝は口を激しくパクパクしていて夜は割とおとなしくしています。笑
エサの量は金魚が2、3分で食べ終わるくらいがちょうどいいでしょう。少なすぎてもあまり問題はありませんが、多すぎると水が汚れて金魚に悪影響です。

 

余談

  • 就職時に引っ越したのですが、金魚を飛行機に連れていくわけにも行かないのでワンウェイでレンタカーを予約して、車で10時間運転して引越し。
  • 冬が寒すぎて、金魚が全く動かなくなった時期がありました。ついに死んだか、と思って刺激を与えると動いたのでどうやら冬眠していた模様。

金魚を長いこと飼っていると色々なことがあります。。

コメントを残す