Diversity Visa 〜グリーンカード抽選プログラムとは〜

アメリカの永住権にはいくつか種類がありますが、その中でもユニークなのがダイバーシティビザです。これは通称グリーンカードロッタリーと呼ばれ、毎年世界中から応募者を募り、抽選で5万人に永住権が与えられます。運も実力のうちというか、ほぼ誰にでもチャンスがあるっていうのがアメリカらしい。最初聞いたときは冗談めいたスパムかと思ってました。笑 その名の通り、アメリカへの移民の多様性を高めることを目的としたビザです。
応募条件は高校卒業していることと、アメリカ政府が指定した国の国籍を持っていること。中国やインドなど、すでにアメリカにたくさん移民した国はこのプログラムの対象外になっています。




応募のやり方

応募はめちゃくちゃ簡単です!すべてオンラインで出来ます。必要なのは写真のみ。オンラインフォームに名前、住所、最終学歴などを記入して、問題なく進めば以下のような確認ページが出るので、スクリーンショットか印刷して終わりです。予約番号は結果チェックの際必要です。詳しい説明はここで見れます。(日本語約あり)

masked-copy

 

申請と結果発表の時期

申請は毎年10月頃から1ヶ月間、結果発表は次の年の5月頃です。スパム対策で当選しても連絡は届かないので自分でチェックする必要があります。申請と結果のチェックはElectronic Diversity Visa websiteから。申請から結果発表までの間が開きすぎてチェックするの忘れてる人いそうですが。。ちなみに申請時期とDiversity Visaの名前には2年のギャップがあります。例えばDV-2018には2016年10月頃申請になります。

Diversity Visaは毎年5万人に与えられてますが、当選しても申請が通らなかったり申請しなかったりする人もいるので実際には10万人程度が当選しています。ビザ取得者が5万人を下回る可能性もあり、その場合は当選者が追加されていきます。なので最後まで諦めず5月以降もときどき結果のチェックをするようにしましょう。

あと、当選はあくまで「永住権に申請する権利を得た」だけなので、当選後は大使館で面接したり申請手続きをする必要があります。

 

確率

Diversity Visaが与えられる割合は国ごとに違っていて、アメリカにすでにたくさん移民がいる国は割り当てが少なくなります。なので当たる確率は国ごとに違います。オフィシャルの統計情報によると、日本人の当選確率は毎年約1%です。(DV-2015だと応募者が50,501人、当選者が636人)

 

偽サイトに注意

「Diversity Visa」で検索するとたくさん結果が出てきて、中には怪しいサイトが多数あります。
見分けるポイントは、URLのドメインネームが○○○.govになっていること。.govならアメリカ政府のサイトで本物です。

コメントを残す