アメリカ博士学生の懐事情

博士課程というと、みなさんどういうイメージでしょうか。日本にいると「まだ学生やってるの?(笑)」なんて言われることが多く非常に不快ですが、アメリカでは「おおすごいね!」という反応が多いです。

日本とアメリカでは博士のイメージも違いますが、待遇も全然違います。アメリカではほとんどの博士課程の学生(いわゆる文系は例外ですが)は授業料免除+給料支給です!




アメリカの大学の授業料はめちゃくちゃ高く、私立なら年間400万円といったところなのでそれを免除してくれると思うとすごいです。僕が行った研究室はかなり潤っていて、入学時にMacbook Proがもらえました。日本にいたときの研究室が貧乏だったのでかなり嬉しかったです。合格通知が来たとき、1つの書類に年間授業料と諸費用含めて500万円くらいかかりますと書かれており、ほんとにそんな大金を大学が払ってくれるのか心配でした。笑

給料はTA(Teaching Assistant)やRA(Research Assistant)をすることで支払われます。TAは試験監督や採点など雑務が多いので、研究してお金をもらえるRAが人気ですが、競争も激しいです。給料支給ということで、Social Security Cardもゲットできてクレジットカードを作れたりもしますし、税金も払います。

給与はアメリカどこでもだいたい年間200万円といったところです。僕の大学院は田舎だったので生活費が安く済んだんですが、HarvardとかMITとかColombiaとか行ってたら生活がカツカツだったでしょう。。

お金の出どころですが、理工学系なら企業と共同研究をしたり、ファンドに申請したり、たまに政府からお金をゲットしてきて研究をしてます。

 

ということで、アメリカでは親に頼ることなく、アルバイトする必要もなく、経済的に自立した生活が可能です。

コメントを残す